飛行機

大阪航空専門学校

エアライン学科ブログ

機内サービス実習

夏休みを前に、2年生が機内サービスの実習をしました。

 

国際線エコノミークラスのMAEL SERVICE
ほとんどのFULL SERVICE CARRER* (まめ知識参照)の国際線には3つのクラスが設けられています。
◆ First Class
◆ Business Class
◆ Economy Class 
料金や座席の大きさが違うだけでなく、サービス内容も各々クラスに応じて異なります。
最近は、長距離路線のEconomy Classをさらに2つに分けて、Business Classとの間に
◆ Premium Economy Classを設け、4つのクラスでサービスを提供しているところも増えてきました。

国際線に搭乗したお客様が楽しみにされているお食事のサービスを学びました。
お食事のサービスを ❝Meal Service❞ といいます。
First ClassやBisiness Classは、レストランのコース料理をいただくように
一皿ずつサービスしますが、Economy Classはトレーの上に
 ・前菜(2種)
 ・メインディッシュ
 ・デザート
 ・パン        
がセットされた状態でお客様にお持ちします。

 

サービスカートに2名のCAがつき、お食事をサービスするCA、
お食事と一緒にお召し上がりいただく飲み物をサービスするCAに役割分担し、
お客様をお待たせしないようにサービスします。

 

笑顔だけでなく、所作を美しくサービスすることもプロの接遇者として求められています。
お客様にお食事を楽しんでいただき、空の旅の想い出を創っていただくために、
サービス中やお食事をお下げする際にも、お客様との会話を心がけるように勉強しています。

 

サービス実習の授業は、「マナー授業」で学んだ敬語や正しい言葉遣いを実践する場です。
先生から言い直しをされる場面もありますが、楽しく実践しながら身につけていきます。

 

まめ知識
FULL SERVICE CARRER* フルサービスキャリア
Legacy Carrier レガシーキャリアとも呼ばれているが、JALやANAのように従来からある航空会社のこと。
先に述べたように、クラス別に予約から目的地に到着するまで、様々な場面でサービスを充実させているため、
LCC(Low Cost Carrer ローコストキャリア)に対して使われるようになった。

 

LCCは、安全にかかわらないサービスを排除したり、ご希望のお客様に別料金を支払っていただくこと
により低運賃を実現させている。
これに対して、マイレージサービスや空港専用ラウンジ、欠航・遅れがあった場合の対応など
従来型のサービスを提供している航空会社のことを「Full Service Carrer(FSC)」という。